酵素を摂ればお通じすっきり?酵素の種類や働き、デトックス効果とは

便秘解消には酵素が良い。そんな話を聞いたことはありませんか?果たしてそれは本当のことなのでしょうか。

「酵素の働きを知りたい」
「便秘に本当に効くのか知りたい」

そのような方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、酵素の働きや便秘との関係性についてご紹介したいと思います。

酵素は体のなかでどんな働きをするの?

便秘 デトックス効果

酵素には三種類あります

体内にある酵素は、消化酵素と代謝酵素の二種類です。前者は食べ物を消化する働きを持ち、後者は新陳代謝、デトックスを促す働きを持ちます。

食べ物に含まれる酵素は食物酵素と言われ、消化を助ける働きを持ちます。

消化酵素と代謝酵素はふたつでワンセット

消化酵素と代謝酵素は、ふたつでワンセットです。消化酵素が使用されると、代謝酵素の量も減ります。また、これらの体内酵素は加齢とともに減少していきます。

食物酵素で補えます

食べ物に含まれる酵素を摂ることによって、不足分を補うことができます。通常よりも酵素の量が多くなると、そのぶん代謝酵素として使える量が増加しますので、体の新陳代謝が促進され、デトックス効果に期待できるのです。

デトックスで便秘解消

デトックスとは、体の不要物、毒素を体の外に排出することです。便に関していえば、腸の蠕動運動が活発化し、便を排出っする力が強くなります。このように、酵素は便秘を改善する力を持っているんですね。

サプリメントの効果も注目→便秘解消サプリメント

酵素が多く含まれている食物とは?

生野菜やフルーツ

生野菜やフルーツには酵素がたっぷり含まれています。野菜ならアボカド、大根、ニンジン、レタス、セロリなどに、果物ならパパイヤ、バナナ、パイン、キウイ、リンゴなどに酵素は多く含まれています。

加熱せずになるべく生のまま食べるのが良いでしょう。

納豆や麹などの発酵食品

納豆や麹などの発酵食品にも酵素が多く含まれています。発酵食品は植物性乳酸菌と動物性乳酸菌のふたつに分けられますが、ヨーグルトやチーズなどの動物性乳酸菌は腸に届く前に死滅してしまいます。

摂るのであれば納豆や漬物、味噌、麹などの胃酸や胆汁によって分解されることなく腸にまで届く植物性乳酸菌がおすすめです。

まとめ

以上、酵素の働きや便秘との関係性についてご紹介いたしました。酵素を摂れば便秘解消に期待できます。生野菜やフルーツ、発酵食品などを積極的に摂るようにしましょう。

また、運動をしたり、食物繊維を摂ったり、こまめに水分補給をするのも忘れずに。便秘の原因となる運動不足やストレス、食物繊維不足などを根本から解決することが大切です。