DHAとEPA+ビタミンDの必要性とサプリメントの活用について

DHA&EPA+ビタミンD
私達の身体の健康を維持して行く為に必要な栄養素は非常に多くの種類が有り、そのどれもが必須です。中でも注目を集めている栄養がDHAやEPAといった成分で、私達の健康な身体を維持して行く為には必須となっております。

今回はそんなDHAとEPA、更に最近注目を集めているビタミンDとの関連性と合わせて調べてみます。

皆さん既にご存知であると思われますがDHAは人の脳内等に多く存在する物質で、このDHAを多く摂る事で脳内の活性化を図ったり、特にお子さんの場合には記憶力の向上に効果が期待される物質です。

一方、EPAは血液に作用する物質で、EPAを多く摂る事で血液をサラサラに改善する事が出来るとされております。この事からDHAとEPAを同時に摂る事は脳内にサラサラな血液を送り込む事になり脳内健康には必須の成分になります。

一方、最近注目を集めているビタミンDですが、このビタミンDも私達の身体を様々な病気等から守る為には必須の栄養素になります。

ビタミンDが不足すると起こる可能性が有る症状としては、癌や心臓病、高血圧等の生命の維持を危ぶむ物から、骨粗しょう症や関節リューマチ、変形関節症や痛風等と言った多岐に渡る病気を引き起こしてしまう可能性が有ります。

これらの事から、DHAやEPA又はビタミンDを多く含むとされる食材として注目されているのが青魚と言われる魚で、毎日の食卓に乗せて行きたい食材になっております。

青魚でも特にイワシやアジ、サバ、マグロ等に多く含まれておりますが、私たち日本人が1日に必要とされるDHAやEPA、ビタミンDをこれらの青魚から摂る為には何十匹もの魚を食べる事が必要になる為、現実的では有りません。そこで注目されているのがサプリメントになります。

現在ではDHAやEPAは元より、ビタミンDの成分も含まれたサプリメントも販売されており、1つのサプリメントで私達の健康を総合的にサポートしてくれる物が大変多くなっております。

サプリメントは分類上は医薬品では無くあくまでも補助食品として扱われており、その副作用等も心配が必要ありません。

きちんと用量を守って飲む事で効果が得られますので、魚が苦手な方やお子さんにも安心して使う事が出来ます。是非試して見ては如何でしょう。