酵素の働きや特徴とは?酵素入り青汁の正しい選び方

最近、酵素入りの青汁が話題となっています。しかし酵素と聞いても、ピンとこない方は多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、酵素の働きや、酵素入り青汁の選び方をご紹介いたしますので、参考にしていらだければ幸いです。

酵素にはどんな働きがあるの?

青汁 酵素
酵素とは、消化、吸収、運搬、代謝、排泄など、人間の生命活動のあらゆる場面で活躍する、欠かすことのできない分子です。酵素には種類が3つあり、それが消化酵素、代謝酵素、食物酵素です。

これらがたとえば食品を分解したり、新陳代謝の維持をしたりしてくれるわけですが、体内で生成できる量は決まっています。この酵素が不足する(生成率のバランスが崩れる)と、消化や吸収などといったものが効率的に行えなくなるため、体調不良などの原因となります。それを防ぐには、たとえば酵素入り青汁などで酵素を摂取することが有効であるわけですね。

酵素がなければ、体内に入った栄養素が十分に機能しないのです。サプリメントや青汁を飲んでも、体内の酵素が不足していれば、その効果は半減してしまいます。そのため最近では、酵素入りの青汁が人気なのです。

ちなみに、酵素が含まれる食品はたくさんあります。含有量が多いものでいうと、野菜ならブロッコリー、レタス、キャベツ、ニンジン、セロリ、トマトなど。フルーツならイチゴ、バナナ、パイナップル、リンゴなどです。また、納豆やヨーグルト、味噌、醤油などの発酵食品にも酵素は多く含まれております。

酵素は壊れやすい?酵素入り青汁の選び方は?

青汁の選び方
酵素は非常に壊れやすい分子です。特に熱には弱く、大体50℃の熱を加えられると壊れてしまいます。たとえば野菜を似たり、炒めたりすると、酵素はほとんど壊れてなくなってしまうんですね。したがって、酵素を多く摂ろうと思ったら、野菜などをなるべく生のまま食べなければなりません。

しかし毎日それを続けるのはちょっと厳しいものがありますよね。そこで酵素入り青汁なのです。青汁ならコップ一杯で済みますから、ビタミンや食物繊維をとりながら、酵素をも手軽に摂ることができます。

しかし、酵素入りの青汁であればなんでも良いのかというと、そうではありません。酵素が入っていたとしても、それが熱処理で作られた製品であった場合、酵素はすでに壊れてしまっています。つまり熱処理の行われていない青汁を選ぶのがベストだということですね。

熱を加えない処理は今のところは2つです。ひとつはフリーズドライ製法、もうひとつは低温乾燥製法です。その処理の仕方について詳しく論じることは避けますが、熱を加えるのではなく、逆に凍らせて一気に水分を飛ばす、あるいは酵素が壊れない範囲の温度でじっくりと乾燥させていくことで、酵素を生きたまま袋詰めすることができるんですね。

ですから、酵素入りの青汁を購入するときには、フリーズドライ製法もしくは低温乾燥製法で処理されているものを選ぶとよいでしょう。製法について明記されていない青汁は、基本的に熱処理を施していると考えてOKです。

以上、酵素と酵素入り青汁の選び方をご紹介いたしました。食品からはなかなか摂取できない酵素。あなたも酵素入り青汁を飲んで、補給してみてはいかがでしょうか。

フルーツ系の青汁をお探しなら→フルーツ青汁の選び方